Tourist Information Guide

COVID-19期間中のバルセロナの楽しみ方

Page Content

最新の更新情報です。 08 3月 2022

このページでは、スペイン入国に必要なCOVID証明書からCOVID-19の期間中のバルセロナ旅行、バルセロナ空港からの交通手段、市内の公共交通機関やホテルから、人気の観光スポット、ガイドツアー、フラメンコショー、ビーチ、バル、レストラン、ナイトライフまで、さまざまな角度からご紹介します。

バルセロナへの旅行を計画する前に、各国政府の公式コロナウイルス渡航アドバイスページを参照することを強くお勧めします。

COVID-19開催期間中のサグラダ・ファミリアを訪れる人々
COVID-19開催期間中のサグラダ・ファミリアを訪れる人々

重要な免責事項

始める前に、この免責事項を確認しておく必要があります。当社は、当社の情報が正確で最新のものであるようにあらゆる手段を講じていますが、変化は急速に起こるものであり、COVID-19規制のすべての更新を把握していない可能性があります。そのため、行動を起こす前に、政府の健康に関する公式サイトと照合することをお勧めします。なお、お客様が当社の提供する情報に基づいて行動される場合は、お客様ご自身の責任において行動されることに同意されたものとみなしますのでご了承ください。

現在のCOVID-19の対策と制限

バルセロナは、2020年6月19日以降、いわゆる「新規範」の下にあります。

COVID-19の状況は公的機関によって常に監視されており、起こりうるアウトブレイクを抑えるために新たな対策が講じられています。

バルセロナを訪れる上で最も注意すべき対策は、こちらのページで紹介しています。
バルセロナでのCOVID最新情報

すべての安全対策は、バルセロナ市庁舎の公式ウェブサイト https://www.barcelona.cat/covid19/en

バルセロナとカタルーニャ州で欧州デジタルCOVID認証が不要に

2022年1月28日以降、以下の場所への入場には、欧州デジタルCOVID証明書または国際COVID証明書は必要なくなりました。

  • バーズ
  • レストラン
  • ミュージックバー
  • ナイトクラブ
  • コンサートホール
  • ジム
  • 高齢者住宅

COVID証明書が再び義務化された場合、欧州デジタルCOVID証明書が義務化された場所は、EUデジタルCOVID証明書、またはEU以外の予防接種カードや予防接種証明書とIdentity Documentがあればアクセス可能であることを知っておく必要があります。つまり、EUデジタルCOVID証明書が必要な場所に、EU以外のCOVIDワクチン接種証明書でアクセスできるということです。ただし、スペインへの入国には、 欧州医薬品庁 または 世界保健機関 が承認したワクチンの接種カードおよび接種証明書のみが有効であるため、COVID証明書が必須の会場への入場には注意が必要です。

2022年1月27日までは、EUデジタルCOVID証明書または有効な国際予防接種証明書をお持ちでない方が、COVID証明書が義務付けられている場所にアクセスする場合は、バルセロナのEUデジタルCOVID証明書の認定を受けたテストセンターで抗原迅速検査またはPCR検査を受ける必要がありました。

詳細はこちらのページでご覧いただけます。EUデジタルCOVID証明書:バルセロナで行われた抗原検査またはPCR検査のEUデジタルCOVID証明書の概要と取得方法

また、次のページでは、EUデジタルCOVID証明書の認定を受けているテストセンターを紹介しています。
バルセロナで抗原検査が受けられる施設
バルセロナでPCR検査が受けられる施設

なお、上記2つのページで紹介されている検査センターの中には、抗原唾液検査やPCR唾液検査を行っているところもありますが、これらはサンプルボトルに唾を吐くだけなので、鼻腔内検査よりもはるかに快適です。ヨーロッパでのCOVID合格を目指して、COVID唾液検査を検討してみてはいかがでしょうか。

対策は頻繁に変更されますので、このページを読むだけでなく、上記のリンクで最新の情報を確認することをお勧めします(できるだけ頻繁に更新します)。


スペインに入るためにCOVIDテストの陰性証明書、および/またはワクチン接種証明書、または回復証明書、または欧州デジタルCOVID証明書

スペインへの入国に必要なCOVID-19証明書は、入国する国のカテゴリーによって異なります。国はこの3つのカテゴリーに分類されます。

  • EU諸国、シェンゲン協定加盟国、およびスペイン厚生省が定める特定の入国条件を満たす国民を有する第三国のリスト
  • 有効なCOVID-19証明書を持っているという、スペイン保健省が定めた特定の入国条件を満たす第三国の国民
  • 高リスク国

以下に、COVID-19のスペインへの入国条件をカテゴリー別に説明します。

EU諸国、シェンゲン協定加盟国からスペインに入国する場合、および特定の条件を満たす第三国の国民である場合は、COVID証明書が必要です。

EU加盟国、シェンゲン協定加盟国からスペインに入国する場合、またはスペイン厚生省が定める特定の条件を満たす第三国の国民がスペインに入国する場合は、下記のCOVID-19証明書のいずれかを提示する必要があります。

EU諸国を含む。オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス共和国、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン。

シェンゲン加盟国にはアイスランド、ノルウェー、スイス

第三国の国民の入国条件 については、 スペイン保健省のウェブサイトのセクションに掲載されています。第三国からスペインに入国するための条件 条件A~Jを満たしている場合は、EU加盟国の国民およびシェンゲン協定加盟国の国民と同じCOVID-19証明書の要件が適用されます。

スペインへの入国にはCOVID-19の証明書が必要です。

1. スペイン到着後24時間以内に実施したラピッド抗原検査、およびスペイン到着後72時間以内に 実施したPCR検査(ポリメラーゼ連鎖反応検査)、LAMP検査(Loop-Mediated Isothermal Amplification検査)、NEAR検査(Nicking Endonuclease Amplification反応検査)などの NAAT検査 (核酸増幅検査) のCOVID-19検査証明書が陰性であること

2.または 、スペイン入国の14日前から270日前までの間に、欧州医薬品庁または世界保健機関のウェブサイトで認可されたワクチンのいずれかでCOVID -19 の全額を接種したことを証明する COVID-19の接種証明書 。スペインへの入国に有効なワクチンのリストは、この2つのウェブサイトに掲載されています。
欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(European Medicines Agency)公式サイト
世界保健機関のウェブサイト

一回限りのワクチンの場合は、一回の接種で完全に接種したとみなされます。2回接種の場合は、2回接種した時点で完全に接種したことになります。COVID-19の接種証明書を持ってスペインに入国できるのは、完全に接種したとみなされた日から14日後となります。

2022年2月1日以降、予防接種証明書は、完全に接種されてから270日(約9ヶ月)経過すると無効になります。スペインに入国する際に有効な予防接種証明書を取得するためには、ブースター接種を受ける必要があります。ワクチン接種証明書には、追加接種を行ったことが記載されている必要があります。

COVID-19の接種証明書があれば、最初の接種がそうでなくても、最後の接種が欧州医薬品庁や世界保健機関で認可されたワクチンであれば、スペインに入国することができます。

3.または 、COVIDから回復した後に COVID-19の免疫証明書 。回復証明書は、最初のNAAT検査結果が陽性であった日から11日目以降、180日(約6ヶ月)まで有効です。

欧州デジタルCOVID証明書が欧州で発効した2021年7月1日以降、欧州各国からスペインに到着する旅客は、 欧州デジタルCOVID証明書または上記の3つの証明書を提示してスペインに入国することができます。
なお、欧州デジタルCOVID証明書は、グリーンデジタル証明書または欧州グリーンデジタル証明書とも呼ばれています。これらの用語はすべて、同じ欧州の証明書を指しています。
ヨーロピアン・グリーン・デジタル・サーティフィケートは、簡単に言えば、COVID検査が陰性であること、COVIDに対する完全な予防接種を受けていること、または回復したことを証明するデジタルサーティフィケートです。そのため、欧州市民の方は、上記3つの証明書のいずれかを持ってスペインに入国するか、欧州デジタルCOVID証明書を持って入国することになります。

COVID証明書は、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語のいずれかで作成してください。欧州デジタルCOVID証明書をお持ちであれば、言語は問題になりません。欧州デジタルCOVID証明書は、発行された国の言語と英語で発行されます。ただし、欧州デジタルCOVID証明書をお持ちでない場合、またCOVID証明書が上記の4つの言語で書かれていない場合は、公式翻訳者によるスペイン語への翻訳を添付する必要があります。
EUデジタルCOVID証明書とスペイン入国に必要なCOVID証明書についての詳細は、 EUデジタルCOVID証明書についてのページ でご覧いただけます。

 スペイン保健省の「Spain Travel Health」サイト によると、12歳以下の子供はスペイン入国時にCOVID証明書の提示は必要ありません。

第三国からスペインに入国し、特定の特別な条件を満たしていない場合のCOVID要件

第三国の国籍をお持ちの方は、 スペイン厚生省のウェブサイトのセクションに掲載されている、スペイン入国のための特別条件を必ずご確認ください。第三国からスペインに入国するための条件 第三国の国民であるお客様が特別条件A~Jのいずれかに該当する場合、お客様に適用されるCOVID証明書の要件は上記の項目に記載されています。第三国の国民として、 スペイン厚生省のウェブサイトのセクションに掲載されている特別条件Kのみを満たしている場合。第三国からスペインに入国 する場合、その他の条件を満たしていない場合は、有効な予防接種証明書を持っていないと入国することができません。COVID検査の陰性証明書や回復証明書を持っていても、スペインに入国することはできません。

スペイン入国時にCOVID-19の予防接種証明書が必要。
スペイン入国の14日前から270日前までの間に、欧州医薬品庁または世界保健機関のウェブサイトで認可されたワクチンのいずれかでCOVID-19の全額を接種したことを証明するCOVID-19の接種証明書。スペインへの入国に有効なワクチンのリストは、この2つのウェブサイトに掲載されています。
欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(European Medicines Agency)公式サイト
世界保健機関のウェブサイト

一回限りのワクチンの場合は、一回の接種で完全に接種したとみなされます。2回接種の場合は、2回接種した時点で完全に接種したことになります。COVID-19の接種証明書を持ってスペインに入国できるのは、完全に接種したとみなされた日から14日後となります。

2022年2月1日以降、予防接種証明書は、完全に接種されてから270日(約9ヶ月)経過すると無効になります。スペインに入国する際に有効な予防接種証明書を得るためには、ブースター接種を受ける必要があります。ワクチン接種証明書には、追加接種を行ったことが記載されている必要があります。

COVID-19の接種証明書があれば、最初の接種が認可されていなくても、最後の接種が欧州医薬品庁または世界保健機関によって認可されたワクチンであれば、スペインに入国することができます。

高リスク国からスペインに入国する場合のCOVID要件

コロナウイルスの「高リスク国」のリストからスペインに到着するすべての乗客は、予防接種証明書に加えてCOVID検査の陰性証明書を提示するか、回復証明書を提示する必要があります。つまり、「高リスク国」からスペインに入国する場合、ワクチンを接種していたり、COVIDから回復した後の免疫証明書を持っていたりしても、COVID検査で陰性になる必要があるということです。
スペイン保健省の「Spain Travel Health」サイト の「RISK AND HIGH COUNTRIES / AREAS」という青い見出しの下に、スペインへの入国に以下の証明書が必要となる「ハイリスク国」のリストがPDF形式で掲載されています。高リスク国」がない場合、pdfのリストには「リスク国」のみが表示されます。リスク国であるスペインへのCOVID証明書の要求事項は、上記の2つのセクションに記載されています。

ハイリスク国」からスペインへの入国に必要な証明書。

1.スペイン到着後24時間以内に実施したラピッド抗原検査、およびスペイン到着後72時間以内に実施したPCR検査(ポリメラーゼ連鎖反応検査)、LAMP検査(Loop-Mediated Isothermal Amplification検査)、NEAR検査(Nicking Endonuclease Amplification反応検査)などのNAAT検査(核酸増幅検査) のCOVID-19検査証明書が陰性であること

2.かつ、以下の証明書のうち1つを取得していること。
- 上の2つのセクションで説明した、有効なCOVID-19予防接種証明書。
- またはCOVID-19から回復した後の免疫証明書です。回復証明書は、最初のNAAT検査結果が陽性であった日から11日目以降、180日(約6ヶ月)まで有効です。
スペイン・トラベル・ヘルスのウェブサイトによると、12歳以下の子供はスペイン入国時にCOVID証明書の提示は必要ありません。

空路または海路でスペインに入国する際に必要な追加の健康管理票QRコード

すべての国からスペインに飛行機で入国するお客様は、子供や幼児を含め、 飛行機での入国のための健康管理票 を記入し、スペインの空港に到着した際に提示する必要があります。すべての国から船でスペインに到着するすべての乗客は、 船での到着のための健康管理票 を記入する必要があります。

車、電車、バスなどの陸路でスペインに入国する場合、健康管理票は必須ではありません。


バルセロナ空港へのフライト

バルセロナへの渡航に必要なCOVID-19証明書や、バルセロナ空港の保健所のチェックポイントで提示が必要な公衆衛生管理票については、下記の記事をご覧ください。

COVID-19 空路、海路、陸路でバルセロナに移動するための証明書、および健康管理のためのチェックポイント

バルセロナ空港でのCOVID-19対策と制限について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

バルセロナ空港でのCOVID-19対策と制限について、知っておくべきことをまとめました。

バルセロナ空港の荷物受取所に貼られた安全距離表示ステッカー
バルセロナ空港の荷物受取所に貼られた安全距離表示ステッカー




現在、航空会社は 無料で1回の日付変更ができるようになっており、旅行を延期しなければならない場合に非常に便利です。


バルセロナ空港からのフライト

COVIDの入国条件については、自国または旅行先の公式ウェブサイトで確認することを強くお勧めします。

目的地の国のCOVID-19入国条件については、 バルセロナからバルセロナ以外の目的地に飛ぶためのCOVID-19渡航・試験条件 のページをご覧になることをお勧めします。

渡航や帰国時に抗原検査やPCR検査の渡航証明書が必要な方は、下記の記事をご覧になることをお勧めします。

バルセロナでCOVID-19の検査を受ける際の必須アドバイス

バルセロナでPCR検査を受ける方法と場所

バルセロナで抗原検査を受ける方法と場所

バルセロナでPCR検査または抗原検査を受けるために週末に開いている検査機関

バルセロナで医師の処方箋なしにPCRまたは抗原検査を受けることができます。

バルセロナ空港でのCOVID-19対策と制限については、以下の記事をご覧ください。

バルセロナ空港でのCOVID-19対策と制限について、知っておくべきことをまとめました。


バルセロナ空港からの交通手段

以下の記事で詳述しているバルセロナ空港とバルセロナ市内を結ぶ交通手段はすべて運行しています。

Barcelona Airport Transport and Transfer To The City Centre

コロナウイルスの安全対策は、すべての交通機関で実施されています。
バルセロナの公共交通機関(メトロ、トラム、電車、バス、アエロバス、バルセロナ空港からのタクシーなど)では、フェイスマスクの着用が義務付けられています。


バルセロナの公共交通機関

地下鉄、電車、バスは、安全対策を講じた上で、通常通り運行しています。
バスのチケットは、接触を制限するためにバスの運転手に購入することはできません。
週末は深夜に地下鉄が閉まります。


バルセロナのホテル

2020年6月以降、多くのホテルがリニューアルオープンしています。

最近のホテルは、より柔軟なキャンセルポリシーを採用しています。バルセロナのほとんどのホテルでは、チェックイン日の24時間前まで無料でキャンセルできます。ホテルを予約する前に、必ずホテルのキャンセルポリシーを確認してください。

ホテルでは、消毒、清掃、安全対策を徹底して行っています。詳しくはホテルのCOVID-19のページをご覧いただくことをお勧めします。


バルセロナの観光名所

バルセロナのすべての博物館やモニュメントは開館しており、COVIDの状況に合わせて、来場者やスタッフに必要な安全対策を講じています。
一般的な安全対策には次のようなものがあります。

  • 来場者はフェイスマスクの着用が必要です。
  • アトラクションをご利用の際は、1.5メートルの安全距離を確保してください。
  • 洗浄・消毒の回数が増えました。
  • 博物館やモニュメントには除菌ジェルのディスペンサーが設置されています。
  • 紙のパンフレットの提供は終了しました。

    各アトラクションの安全対策について事前に知りたい方は、各アトラクションの公式サイトのCOVIDページをご覧になることをお勧めします。

以下では、主な観光スポットと、それぞれの安全対策についてご紹介します。


サグラダ・ファミリア(ガウディの巨大バシリカ)

バルセロナのNo.1観光スポットであるサグラダ・ファミリアがオープンしました。

サグラダ・ファミリアにおけるCOVID-19の安全対策の一部は、上記の通常の安全対策の他に

  • バシリカ内のユニークな見学ルートで、すべての見学者が同じ方向に進むことができます。
  • サグラダ・ファミリア内でも、サグラダ・ファミリア美術館やサグラダ・ファミリア・タワーなど、社会的な距離感が保てない場所は一時的に閉鎖されます。
  • 室内の空気の更新、殺菌、洗浄。
    サグラダ・ファミリアのCOVID-19安全対策サイン
    サグラダ・ファミリアのCOVID-19安全対策サイン

COVID-19の時間帯は、ガイド付きのグループツアーで訪問するよりも、個人でサグラダ・ファミリアを訪問する方が快適に過ごせるかもしれません。なお、サグラダ・ファミリアのチケットにはオーディオガイドが含まれています。サグラダファミリアのチケットのご予約や、サグラダファミリアについての詳細は、以下のリンクをクリックしてください。

アントニオ・ガウディのサグラダ・ファミリア聖堂


グエル公園

グエル公園は通常の営業時間内であればオープンしていますし、オープンエアなので、人と一緒の閉ざされた空間にいるのが苦手な方にも安心してご利用いただけます。

グエル公園におけるCOVID-19の安全対策の一部は、上記の通常の安全対策以外にもあります。

  • 公園がオープンスペースであっても、安全な距離を保つ必要があります。
  • パーク・モニュメント・エリアの容量が減りました。
  • ドラゴン階段など、パーク内で最も人気のあるエリアは、混雑を避けるために収容人数が規制されています。

COVID-19の時間帯は、ガイド付きのグループツアーで訪れるよりも、個人でグエル公園を訪れた方が快適に過ごせるかもしれません。下のリンクをクリックして、グエル公園のモニュメントエリアのチケットを予約し、グエル公園の詳細を知ることができます。

アントニ・ガウディのグエル公園


ラ・ペドレラ(カサ・ミラ)

La Pedreraがオープンしました。

La PedreraにおけるCOVID-19の安全対策の一部は、上記の通常の安全対策の他にもあります。

  • 混雑を避け、安全な距離を確保するために定員を減らしています。
  • ラ・ペドレラの入り口では、スタッフや訪問者全員の体温がチェックされます。
  • 来場者と接するスタッフは、保護メガネやバイザー、フェイスマスク、手袋を着用します。
    ペドレラの入り口の床にある安全距離マーク
    ペドレラの入り口の床にある安全距離マーク

COVID-19の開催期間中は、ガイド付きのグループツアーではなく、個人でラ・ペドレラを訪れた方が快適に過ごせるかもしれません。ラ・ペドレラのチケットを予約するには、以下のリンクをクリックして、ラ・ペドレラの詳細をご覧ください。

オーディオガイド付きバルセロナのガウディの「ラ・ペドレラ」へのスキップ・ザ・ライン・チケット


カサ・バトリョ

カサ・バトリョがオープン

カサ・バトリョでのCOVID-19の安全対策は、上記の通常の安全対策以外にもあります。

  • 容量が減ってしまった
  • カサ・バトリョのエントランスでは来場者の温度を測定している
  • カサ・バトリョの入り口で来場者の靴を消毒している様子
  • カサ・バトリョ内の空気、壁、天井材に、30分でコロナウイルス(SARS-CoV2)の99.4%の破壊率を保証するプラズマイオン化システムを設置。
  • ウイルスや細菌を効果的に死滅させる紫外線によるオーディオガイドの除菌。
COVID-19の開催期間中、カサ・バトリョのエントランスを訪れる人々
COVID-19の開催期間中、カサ・バトリョのエントランスを訪れる人々

COVID-19の開催期間中は、ガイド付きのグループツアーではなく、個人でカサ・バトリョを訪れた方が快適に過ごせるかもしれません。カサ・バトリョのチケットのご予約、およびカサ・バトリョについての詳細は、以下のリンクをクリックしてください。

バルセロナのガウディのカサ・バトリョ


ガウディのカサ・ビセンス

カーサ・ビセンスは、通常の営業時間内で営業しています。

COVID-19の安全対策の一部は、上記の通常の安全対策の他に、Casa Vicensでも行われています。

  • カサ・ビセンスは、スペイン観光品質協会のセーフ・ツーリズム認証シールを取得したバルセロナ初の美術館です。このシールは、衛生面での最大の保証を証明するものです。
  • 容量は3分の1になってしまいました。チケットは、定員の関係上、オンラインまたは電話での購入のみとなります。
  • Casa Vicensの入り口には消毒用マットが設置されている
  • ユニークなツアー行程が組まれている
  • タッチスクリーンが一時的に使用できなくなる
  • ガイド付きのグループツアーは現在休止中です。

カサ・ヴィセンスのチケットを予約するには、以下のリンクをクリックしてください。

バルセロナのガウディ・カサ・ビセンス


カンプノウ・エクスペリエンス

カンプノウ・スタジアムの「カンプノウ・エクスペリエンス」は、通常の営業時間内で営業しています。

カンプノウでは、来場者にCOVID-19の標準的な安全規定に従っていただくようお願いしています。例えば、2メートルの安全距離を保つこと、手を洗うこと、発熱、咳、呼吸困難などの症状がある場合はカンプノウ・エクスペリエンスを行わないことなどです。

カンプノウ・エクスペリエンス・チケットのご予約や、カンプノウ・エクスペリエンスの詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

ミュージアム訪問付きバルセロナFCスタジアムツアーのご案内


モンセラット・モナスター

モンセラットのアトラクションは、通常の営業時間内にオープンしています。スペイン広場とモンセラット駅を結ぶ列車は通常通り運行しており、ラックレールや駅からモンセラット修道院へのケーブルカーも運行しています。

モンセラットでのCOVID-19の安全対策は、上記の通常の安全対策以外にもあります。


バルセロナ市内ツアー

Barcelona Hop On Hop Off」は、毎日のグループツアーと同様に運行しています。

以下のページに詳しい情報が掲載されています。

バルセロナ ホップオンホップオフ観光ツーリストバス

バルセロナのツアーとアクティビティ


フラメンコショー

バルセロナのフラメンコ会場がオープンしました。

バルセロナのフラメンコショーについては、以下のリンクをクリックしてご覧ください。

バルセロナのフラメンコショー


バルセロナのビーチ

バルセロナのビーチは、2020年の夏でも閉鎖することなく、2021年の夏もオープンしていました。

バルセロナのビーチでは、シャワー、公衆トイレ、救助・救護サービスが営業していました。


商店街・ショッピングモール

お店やショッピングモールは営業しています。ただし、COVID-19ウイルスの拡散防止策は頻繁に変更されますので、ショップやショッピングモールの開店・閉店については、下記のページで最新情報を確認してください。
バルセロナでのCOVID最新情報


バー&レストラン

バーやレストランも営業しています。ただし、COVID-19ウイルスの拡散防止策は頻繁に変更されるため、バルセロナのバルやレストランの営業時間に関する最新情報は、以下のページで確認することをお勧めします。
バルセロナでのCOVID最新情報


文化活動&ナイトライフ

美術館や文化施設、ナイトクラブなどがオープンしています。ただし、COVID-19ウイルスの拡散防止策は頻繁に変更されるため、バルセロナの文化的アクティビティやナイトライフに関する最新情報は、以下のページで確認することをお勧めします。
バルセロナでのCOVID最新情報


もし、帰国の際に抗原検査やPCR検査の渡航証明書が必要な場合は、バルセロナの民間検査機関で簡単に検査を受けることができます。

このページのトップへ