Tourist Information Guide

コロナウイルス(COVID-19)に関するスペイン・バルセロナへの渡航アドバイスと最新情報

Page Content

最新の更新情報です。 20 7月 2022

COVIDの時期に休暇でバルセロナを訪れる方法をまとめたページがあります。COVIDの時期にバルセロナ観光を楽しむ方法については、以下の記事をご覧ください。

COVID期間中にバルセロナを訪れる方法。COVID-19の時間帯に空港の交通機関、公共交通機関、観光地、ビーチ、バーやレストラン、ナイトライフを利用する方法。


免責事項

その前に、こんな免責事項があります。私たちは、情報が正確で最新であることを保証するために、あらゆる手段を講じています。しかし、変化は急速に起こるため、COVID-19のレギュレーションの更新をすべて把握できているわけではありません。従って、私たちの情報を政府の公式な健康情報サイトと照らし合わせてから、行動されることをお勧めします。当社が提供する情報に基づいて行動する場合、お客様はご自身の責任において行動することに同意されたものとします。

EU加盟国からスペインを訪問する際の手続きは?

EUまたはシェンゲン協定加盟国からスペインに入国する場合:COVID証明書の提示や健康管理フォームへの記入は必要ありません。

EU諸国には、。オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデンの各国。

シェンゲン協定加盟国には、も含まれます。アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス

2022年6月18日以降、EU加盟国またはシェンゲン協定加盟国からスペインに入国する場合、COVIDに関連する入国制限はなくなります。

COVID証明書の提示が不要になりました。例:COVID検査陰性証明書、ワクチン接種証明書、COVID回復証明書の提示が不要になった。ヘルスコントロールフォームへの記入も不要になりました。

その他の国(非EU加盟国、非シェンゲン加盟国)からスペインに入国する場合。

- COVID検査証明書、ワクチン接種証明書、回復証明書のいずれかが陰性、または欧州デジタルCOVID証明書と同等のもの。

EU圏外またはシェンゲン協定加盟国から空路でスペインに入国する場合、COVID-19証明書、EUデジタルCOVID証明書、または同等の証明書が必要です。

1.COVID-19検査陰性証明書:迅速抗原検査の場合はスペイン出発後24時間以内、NAAT検査の場合はスペイン出発後72時間以内に受けたCOVID検査。 (核酸増幅検査):PCR検査(ポリメラーゼ連鎖反応検査)、LAMP検査(ループ媒体等温増幅検査)、NEAR検査(ニッキングエンドヌクレース増幅反応検査)などの核酸加速器検査。 また、COVID検査が陰性であることを示すEUデジタルCOVID証明書(EU DCC)または同等の、スペイン当局に提示することができます。

2.または、スペイン入国前14日から270日の間に、欧州医薬品庁または世界保健機関のホームページで認可されたいずれかのワクチンでCOVID-19の完全予防接種を受けたことを証明するCOVID-19接種証明書 。スペイン入国に有効なワクチンのリストは、この2つのウェブサイトで確認することができます。
欧州医薬品庁 欧州連合公式サイト
世界保健機関ホームページ

一回接種のワクチンは、一回の接種で完全接種とみなされます。2回接種の場合は、2回接種した時点で完全なワクチンとみなされます。COVID-19の接種証明書を持ってスペインに入国できるのは、完全接種とみなされた日から14日後です。

2022年2月1日以降、予防接種証明書は完全接種後270日、つまり約9ヶ月で無効となります。スペイン入国に有効な予防接種証明書のために、ブースター接種を受ける必要があります。予防接種証明書には、ブースター接種を行ったことが記載されている必要があります。

COVID-19の接種証明書は、最初の接種がそうでなくても、最後の接種が欧州医薬品庁または世界保健機関によって認可されたワクチンであれば、スペインに入国することが可能です。

また、EU Digital COVID Certificate (EU DCC)の予防接種証明書または同等品t をスペイン当局に提示することができます。

3.またはCOVID-19の免責証明書 COVIDから回復した後。回復証明書の有効期限は、NAATの検査結果が初めて陽性になってから11日目から、最長180日、つまり約半年間です。

また、EUデジタルCOVID回復証明書(EU DCC)または同等の 、スペイン当局に提示することができます。


EUデジタルCOVID証明書プログラムに参加しているEU以外の40カ国が、EUデジタルCOVID証明書に相当する証明書を発行しています。

EU以外の40の国と地域もEUデジタルCOVID証明書プログラムの対象になっています。: アルバニア、アンドラ、アルメニア、ベニン、カボベルデ、コロンビア、エルサルバドル、フェロー諸島、グルジア、イスラエル、アイスランド、インドネシア、ヨルダン、レバノン、リヒテンシュタイン、マレーシア、モルドバ、モナコ、モンテネグロ、モロッコ、ニュージーランド、北マケドニア、ノルウェイ、パナマ。サンマリノ、セルビア、セイシェル、シンガポール、スイス、台湾、タイ、チュニジア、トーゴ、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、英国および王室属領(ジャージー、ガーンジーおよびマン島)、ウルグアイ、ベトナム、バチカン。

EUデジタルCOVID証明書プログラムに含まれるEU以外の国・地域の一覧は、 EU公式ページ「EUデジタルCOVID証明書 」にてご確認いただけます。

EUデジタルCOVID証明書、またはEU圏外の40カ国が発行した同等の証明書を持ってスペインに入国する方は、QR SPTHまたはスペイン旅行保健局のQRとも呼ばれる健康管理フォームの記入は必要ありません。健康管理票の詳細については、本ページの下に記載しています。

なお、欧州デジタルCOVID証明書は、EU DCC、グリーンデジタル証明書、欧州グリーンデジタル証明書とも呼ばれる。これらの用語はすべて、同じ欧州の証明書を指しています。
European Green Digital Certificateは、簡単に言えば、COVID検査陰性、COVIDの完全予防接種、または回復証明書を証明する電子証明書です。ですから、ヨーロッパ国籍の方は、上記の3つの証明書、またはヨーロッパデジタルCOVID証明書を持ってスペインに入国することができます。

EUデジタルCOVID証明書または同等の証明書をお持ちでない場合、COVID証明書は英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語のいずれかである必要があります。欧州デジタルCOVID証明書と同等のものをお持ちの場合、欧州デジタルCOVID証明書は発行された国の言語と英語で発行されるため、言語は問題ではありません。ただし、欧州デジタルCOVID証明書または同等の証明書をお持ちでない場合、およびCOVID証明書の言語が上記4言語でない場合は、公式翻訳者によるスペイン語への翻訳を添付する必要があります。
EUデジタルCOVID証明書とスペイン入国に必要なCOVID証明書については、 EUデジタルCOVID証明書についてのページで 詳しく解説しています。
 スペイン保健省のスペイン旅行健康 情報サイトによると、12歳未満のお子様はスペイン入国にCOVID証明書の提示は必要ありません。


- 空路でスペインに入国する際に必要な健康管理票のQRコード追加について

EU非加盟国または非シェンゲン加盟国からスペインに空路で入国する旅客で、EUデジタルCOVID証明書と同等の証明書をお持ちの方は、健康管理フォームへの記入が不要になりました。EUデジタルCOVID証明書に相当するものは以下の通りです。EUデジタルCOVIDワクチン接種証明書、EUデジタルCOVID COVID検査陰性証明書、EUデジタルCOVID回復証明書、またはEUデジタルCOVID証明書プログラムに参加している非EU諸国が発行する同等の証明書が必要です。EUデジタルCOVID証明書(DCC)に相当するものは、EUデジタルCOVID証明書プログラムに参加しているEU以外の国の当局が発行するワクチン接種とCOVIDテスト陰性回復のデジタル認定を指します。これらの国のリストは、本ページの上に記載しています。

したがって、EU加盟国が発行する以下の3つの書類、またはEU加盟国以外の国や地域が発行する同等の書類を持ってスペインに入国する場合、 健康管理フォームに記入する必要はありません。

  • EU Digital COVID ワクチン接種証明書、またはEUの同等の証明書。
  • またはCOVID検査が陰性であることを示すEUデジタルCOVID証明書、またはEUの同等の証明書
  • またはEUデジタルCOVID回復証明書、またはEUの同等の証明書

ただし、EUデジタルCOVID証明書またはEUの同等の証明書をお持ちでない場合(例:COVID検査が陰性であることを示す簡易証明書をお持ちの場合)、 航空機で到着する場合は、健康管理フォームに 記入し、スペインの空港に到着した時点で提示する必要があります。

車、列車、バスなどの陸路、クルーズなどの海路でスペインに入国する場合、健康管理票は必要ありません。

スペイン保健省のスペイン旅行健康ホームページに よると、12歳未満のお子様は、スペイン入国に際してCOVID証明書の提示や健康管理フォームの記入は必要ありません。

空路または海路でスペインに入国すること。健康管理フォーム

スペインへの渡航前に、オンラインで Public Health Control formに記入する必要があります。この書類は、スペインに入国する前に必ずご記入いただくものです。これは、オンラインでもプリントアウトでも可能です。オンラインで記入すると、QRヘルスコードがすぐに発行されるので、スペインに到着してからこの作業をする時間を短縮できるという利点があります。まず、第一段階のフォームに入力する必要があります。その後、フォームの入力方法を詳しく説明した電子メールが届きます。

スペイントラベルヘルスのサイトです。 スペイン・トラベル・ヘルスのウェブサイトから、Public Health Control form(FCSフォームとも呼ばれる)を記入することができます。

オンラインで記入しない場合は、プリントアウトして記入し、スペインに到着した際に提示する必要があります。そして、スペインに入国してから、健康QRコードを発行するための手続きがあります。

公衆衛生管理票は、以下のリンクからダウンロードすることができます。

スペイン入国時に提示する、公衆衛生上の旅客所在確認書。


EUデジタルCOVID証明書

バルセロナでEU Digital COVID証明書が必要とされる場所や、バルセロナで受けた抗原検査やPCR検査のEU Digital COVID証明書を取得する方法については、以下のページをご覧になることをお勧めします。

バルセロナでのCOVID関連の最新アップデータ

EUデジタルCOVID証明書


スペイン滞在中にCOVID-19の症状が出た場合は、以下のリンクに記載されているガイドラインに従ってください。

1.スペイン滞在中にCOVID-19の症状が出た場合の対応策と連絡先電話番号について

2.スペインでCOVID-19の症状を発症した場合に必要なチェックリスト

3.スペイン滞在中に自己隔離が必要な場合のアドバイス


バルセロナ空港から飛行機に乗るために抗原やPCRテストの渡航証明書が必要な場合、バルセロナの民間ラボで簡単に検査を受けることができます。

 COVIDの渡航条件は、当ページで確認することができます。COVID-19 バルセロナからバルセロナ以外の都市へ飛ぶための旅行とテストの条件

外務英連邦省(FCO)

FCOは、スペインへの渡航者向けに定期的に最新のアドバイスを発表しています。以下のリンクから、最新の渡航情報を入手することをお勧めします。

スペインへの旅行者のためのFCOトラベルアドバイス

スペインへの渡航者向けコロナウイルスに関するFCOのアドバイス

スペインへの渡航に関するFCOからの最新情報をメールで受け取る


マドリードのイギリス大使館

また、在マドリード英国大使館のツイッターをフォローしておくとよいでしょう。

ツイッター在マドリード英国大使館のツイッター


スペインからイギリスへの帰国

英国に帰国される際には、以下のサイトで自己隔離に関する最新情報を確認されることをお勧めします。

英国帰国時の自己隔離ルールに関する英国政府のページ

スコットランドに帰国する際の自己隔離ルールに関するスコットランド政府のページ

ウェールズに帰国した際の自己隔離ルールに関するウェールズ政府のページ

北アイルランドに帰国する際の自己隔離ルールに関する北アイルランド政府のページ


COVID-19に関する航空会社情報ページ

ブエリング航空 COVID-19情報ページ

ライアンエアー COVID-19 インフォメーションページ

イージージェット COVID-19アドバイザリーページ

イージージェット・オンラインサポート


航空会社-飛行機に乗るのは安全か?

飛行機の空気は1時間に平均20〜30回入れ替わりますが、これは1時間に3〜4回しか入れ替わらない一般的なエアコンの部屋と比べるとかなり多いことになります。飛行機内の空気の50%は機外の新鮮な空気から、残りの50%はリサイクルされた空気から供給されています。高い空気交換率により、空気の清浄度を保つことができます。飛行機の中の空気は、機内に入る前に HEPAフィルター(高効率微粒子除去装置 )を通して浄化されます。HEPAフィルターは、バクテリアとウイルスを除去し、99.97%以上の微粒子を除去します。そのため、飛行機の空気は、エアコンの効いた店内やバス、電車の中の空気よりもずっときれいなのです。ですから、通常の地上交通機関を利用することに抵抗がなければ、飛行機を利用することにも抵抗がないはずです。

現在、各航空会社では、フライト前に機内や荷物置き場の清掃・消毒を徹底して行っています。乗客と客室乗務員は、機内に入る前に体温チェックとマスクの着用が義務づけられる予定です。チェックイン時には社会的距離を置き、チェックイン・スタッフは保護スクリーン越しに作業します。


スペインの空港

AENAは、スペインのすべての空港を運営する公的機関です。同社のウェブサイトには、スペイン発着のフライトの現状について詳しい情報が掲載されている。

海外からスペインへのフライトは、2020年7月1日に再開しました。

AENAのウェブサイトです。
スペイン空港当局(AENA)のコロナウイルス/COVID-19情報ページ。

バルセロナ空港(ジョセップ・タラデラス・エル・プラット空港) COVID-19便情報

ツイッター AENA公式ツイッターで最新情報を配信


バルセロナのフェイスマスク

メトロ、トラム、電車、バス、バルセロナ空港からのアエロバス、タクシーなど、バルセロナの公共交通機関ではフェイスマスクの着用が義務付けられています。

バルセロナにおけるCOVIDの制限と安全対策について詳しく知りたい方は、 バルセロナにおけるCOVID関連の 最新情報を確認することをお勧めします。

バルセロナ地下鉄・バスシステム

TMBが運営するバルセロナの地下鉄とバスは、バルセロナの公共交通機関を利用する際のガイドラインに関する情報ページを公開しています。

ウェブサイトバルセロナTMBの公式サイト。バルセロナの地下鉄とバスのコロナウイルス対策情報


スペインのコロナウイルスに関する最新の統計は、以下のページでご覧になることをお勧めします。

COVID-19の国別症例数


バルセロナのイベント

コロナウイルスの影響で、ビジネス、スポーツ、レジャーなどの大型イベントが延期または中止されるケースが発生しています。各イベントの公式サイトで、そのイベントに関する現在の予定を確認することが重要です。また、政府がさらなる抑制策が必要と判断した場合には、更新時期が変更される可能性があります。

バルセロナで開催される大規模なイベントのうち、渡航制限の影響を受けるものを以下にリンクしています。


F1バルセロナ

このイベントの変更点については、以下の公式ソースを確認することをお勧めします。

ウェブサイトコロナウイルスに関するF1情報を提供する公式サイト

ツイッターバルセロナ-カタルーニャ・サーキット

ツイッターF1公式ツイッター


バルセロナマラソン

コロナウイルスの状況により、バルセロナマラソンの日程は10月に変更されました。ただし、この日程は状況により再度変更される可能性がありますので、定期的にご確認ください。

新しい日付です。 19 3月 2023

バルセロナマラソン


バルセロナの見どころ

バルセロナの主な観光スポットの以下の公式サイトのページで、最新の情報を確認することをお勧めします。

モンジュイック城

カーサ・バットロ

CosmoCaixa(コスモカイシャ

エルボーン文化センター

FCバルセロナミュージアム見学ツアー

フンダシオ・アントニ・タピエス

ラ・ペドレラ

ラ・ロカ村

リセウ劇場

MACBA

グエル公園

ピカソ美術館

サグラダ・ファミリア

モンセラット修道院


旅行保険

このような時期には、理由の如何を問わず、計画の変更や休暇のキャンセルに対応できる良質な旅行保険に加入することが重要です。コロナウイルスなどの問題による休暇のキャンセルに具体的にどう対処するのか、また「いかなる理由」によるキャンセルに対して保険がどのようにカバーするのかを、保険会社に必ず尋ねてください。また、コロナウイルスに感染した場合、海外での医療費をカバーする保険であることも確認してください。

旅行保険契約に関するFCOのガイダンス


医療保険

最新の欧州健康保険証(EHIC)をお持ちであることをご確認ください。英国は欧州から離脱しましたが、EHICカードは2021年1月1日まで有効です。これらのカードにより、英国国民はEU加盟国での基本的な医療を無料または割引料金で受けることができます。EHIC健康保険証が最新であることを確認し、更新されていない場合は、旅行前に更新することをお勧めします。

EHICメディカルヘルスカードに関するFCOの概要

NHSのEHICメディカルカード申請に関する詳細ガイドライン

既存のEHICメディカルカードをオンラインで更新する


スペインの外国大使館

スペイン滞在中は、大使館に連絡を取り、ガイダンスやサポートを受ける必要があるかもしれません。そこで、スペインの外国大使館をリストアップした情報ページを用意しましたので、以下のリンクからご覧ください。

スペインの外国大使館


COVID-19に関する実用的な情報およびガイダンス

バルセロナ市議会は、スペイン滞在中にコロナウイルスの症状が出た場合の対応について、連絡先電話番号を含む有用な情報ページを開設しています。

バルセロナ市街地案内

コロナウイルスに関する町内会の親切なアドバイス

ツイッターバルセロナ市議会


ご安全に

ページの先頭へ戻る