Tourist Information Guide

バルセロナのフランス人たち。フランスへの帰国のためにバルセロナで実施したPCR検査または抗原検査のフランス社会保障庁からの返金方法について

Page Content

最新の更新情報です。02 12月 2021

Q.フランスに帰国するためには、バルセロナで抗原検査やPCR検査を受ける必要があります。フランスでコロナウイルス検査の返金を受けることはできますか?

A: フランスの健康保険に加入しているフランス在住の方、またはバルセロナにお住まいでフランスの健康保険に加入している方は、フランスに帰国するためにバルセロナで受けたPCR検査または抗原検査は、 2021年7月6日までフランスの健康保険でカバーされていました。

2021年7月7日より、フランスの健康保険は、 医療上の理由のみでPCR検査または抗原検査を受けなければならない場合、すなわち、バルセロナ滞在中にCOVIDの症状が出て、COVIDかどうかを確認するためにCOVID検査を受ける必要がある場合、海外およびバルセロナでのPCR検査または抗原検査の費用をカバーします。つまり、旅行に行くために検査証明書を取得する必要がある場合は、COVIDテストは対象外となります。

フランスの健康保険では、医療上の理由で実施されたPCR検査および抗原検査は、以下の金額を上限として 返金され ます。 €35.00.

バルセロナでのPCR検査の価格が35.00ユーロ以上であるため、以下の上限まで払い戻しを受けられます。 €35.00.そのため、フランスの健康保険は、バルセロナで行われるPCR検査の全額をカバーするものではありませんが、かなりの部分をカバーしています。しかし、バルセロナでは35ユーロ以下の抗原検査がありますので、この場合は100%返金してもらえることになります。

フランスに到着したら、以下の書類をフランス社会保障局(CPAM:Caisse Primaire d'Assurance Maladie)に送付して、返金を受けることになります。

1.記入済みの S31125「Soins Reçus à l'Etranger」 (「海外で受けたケア」の意) と題された行政書式

2.COVID検査のための医師の処方箋または診断書

3.バルセロナで受けたPCR検査または抗原検査の正式なVAT請求書

4.航空券や列車のチケットなど、バルセロナでの滞在を証明する書類。この最後の要件は、 フォームS31125 の2ページ目に記載されています。

これらの情報は、 Ameli.fr健康保険フォーラム や、Ameli.fr健康保険ウェブサイトの このページ で再確認することができます。


フランスへの渡航に抗原検査やPCR検査の渡航証明書が必要な場合は、バルセロナの民間検査機関で簡単に検査を受けることができます。


バルセロナでPCR検査を受けた際に、正式なVATインボイスを受け取ることを確認するにはどうすればよいでしょうか?

以下のページに掲載されているCOVID検査の医療センターおよび検査室は、COVID検査の正式な請求書を自動的に、またはリクエストに応じて提供することができます。

バルセロナでPCR検査を受ける方法と場所

バルセロナで抗原検査を受ける方法と場所

このページで紹介している以外のバルセロナのクリニックや検査機関でPCR検査や抗原検査を予約する場合は、PCR検査を予約する前に、フランスの健康保険で認められる正式なVAT請求書(領収書ではありません)が発行されることを確認してください。なお、コロナウイルス検査のお支払いには、通常の領収書だけでは不十分ですのでご注意ください。フランス社会保障庁にVATの返還を請求するためには、正式なVATインボイスを入手する必要があります。なお、VATインボイスが研究所からあなたの電子メールに自動送信されていない場合は、研究所に電話または電子メールで連絡してVATインボイスを請求する必要がありますのでご注意ください。

このページのトップへ