Tourist Information Guide

バルセロナで身の回りのものを安全に持ち運ぶには?

Page Content

Q: 街中で日用品を持ち歩くのに一番安全な方法は何ですか?(カメラ、財布、ID、サングラス、水など) バンバックとは?背中に着けたナップサックでしょうか。

A: まず、その日に必要なものだけを持ち歩くというのがルールです。現金でいえば、必要な分だけ持っていく。クレジットカードを1枚持って行き、予備をホテルの金庫に置いておく。お金やクレジットカードは、マネーベルトに入れて持ち歩くのが一番です。その他の小物については、普通のデイバッグを持ち歩くようにすれば、何が入っているかはわからない。貴重品はなるべく目につかないようにする。カメラをお持ちの方は、デイバッグに入れ、首からぶら下げたり、カメラバッグに入れたりしないようにしましょう。カメラはカメラバッグに入れると衝撃から守れますが、これはデイバッグに入れましょう。これなら、カメラを持っていることがばれません。ひったくりはありえますが、カメラバッグより普通のバッグの方がひったくられる可能性は低いです。

もう一つのコツは、現金などをグループのメンバーに分配することです。そうすれば、不幸にもスリに遭った人がいたとしても、少なくとも現金やクレジットカードを持っている人が仲間にいるわけですから。

バンバックはファニーパックとも 呼ばれ、腰に巻くポーチ型の小型バッグで、クリップ付きのベルトで固定されます。サングラスや財布、小物などの収納に便利な反面、気づかないうちに取り出しやすくなっています。バンバックを使用する場合は、腰に巻くのではなく、肩からかけることをお勧めします。

安全な荷物の持ち方については、「バルセロナの安全性」の記事で紹介しています。その他、バルセロナでの身の回りの安全について、様々な角度から取り上げています。下記リンクよりご覧ください。

バルセロナでの身の安全

サイト訪問者の多くが、バルセロナの犯罪について市長に正式に苦情を申し立てるにはどうしたらよいかという質問を寄せています。バルセロナで犯罪に遭い、その経験を市長に伝えたい場合は、以下のリンクからバルセロナ市長のコンタクトページをご覧ください。バルセロナ市長には、街を変えていく力があるので、ぜひご意見をお寄せください。

バルセロナ市長の連絡先です。

トップページに戻る